そこに至福がある

自由に、自分らしく、平穏に生きるためのブログ。

他力を使う

初めて入ったお店で、ほしい商品が見つからない...

そんな時、まず自分の力で探します。

宝探しを楽しむようなつもりで。

でも、本当のことを言うと、自分で見つけ出せないのが悔しいから。

つまり「自力」で頑張ろうとしているんですね。

でも、最近は積極的に店員に聞くようにしています。

他人の力を使います。

つまり「他力」で楽をします。

 

仕事でも、積極的にわからないことは周りの人に聞きます。

それはもう鬱陶しいぐらいに(笑)

誰彼かまわずに質問することで、そこにコミュニケーションが生まれます。

(例え苦手な人にでも、あえて聞きにいきます)

それに頼りにされた方も、それほど嫌な気持ちはしないものです。

つまり、他力を積極的に使っています。

 

お店でも、会社でも質問すれば応えてくれます。

助けを求めれば、たいがいのことは助けてくれます。

自力で頑張るのもいいですが、もっと他力を使ってみる。

つまらないプライドも捨ててみる。

 

他力を使うことで、さらにメリットがあります。

「私には頼ることができる人がいるのだ」という暗示を自分にかけることができます。

自力で頑張っちゃうと「私には頼れる人がいない」「人を頼るのは悪いことだ」という暗示を自分にかけることになるかもしれません。

 

ほんと、もう自力でも他力でも、どっちでも良いんですね。

あくまでゴールを達成するツールに過ぎないのですから。

楽な道があるなら、それを積極的に使いましょう!