そこに至福がある

自由に、自分らしく、平穏に生きるためのブログ。

無印良品と同調する

6年ほど東京に住んでいたことがあります。

お金もなかったので、ゲストハウスに住んでいました。

部屋は個室で、トイレ・シャワー・キッチンは共有という形でした。

荷物一つでさくっと入居できるメリットはありますが、さすが東京です、家賃も高かったです。

6万円代だった記憶があります。

そのうえ、洗濯はコインランドリーでお金がかかるし、エアコンも100円を入れないといけないし…

今思うと、なんでそんな高コストで不便な環境に長くいたのか不思議です。

給料もそれほど高くなかったので、お金もなかなか貯まらず。

なんとなく惰性で生きていたような気がします。

 

ゲストハウスは家具付きなので、基本的に家にはお金がかかりません。

それでも、雑貨など何か必要があれば100円ショップにはよく行っていました。

カッター、ハサミ、メジャー、小物入れ、ハンガー、etc...

そんな生活を送っていたのですが、転職をきっかけに大きく変わりました。

酒もピタッとやめました。

急に健康にも目覚め、マインドが大きく変わる決意みたいなものがあったんですね。

そんな中、ふと思ったんですね。

私は100円均一の商品に囲まれているが、それって私も100円均一の波動に同調してしまっているのではないか?と。

低所得者が多そうなゲストハウスに住み、100円均一でモノを揃える。

この環境にいれば、この環境が維持されてしまうのではないか?

ふと、そんなことに気がついたんですね。

 

それからは無印良品で何でも揃えることにしました。

少し割高になることもありますが、雑貨など細かいものから寝具、服、家電なども無印良品で買うようにしました。

一気には無理でも、徐々に無印良品の波長(上質なモノ)で囲まれるようにしていきました。

これがどう影響を与えたかは目に見えないので、わかりません。

しかし、何かが変わっていったことだけは確かです。

実際、その後は大きく良い方向へ生活が動いていきました。

 

失恋したら、髪を切る...なんてわかりやすい話もありますが、そんな風に環境を変える効果というのはあると思います。

仕事や住む場所を変えるというは簡単にはできません。

しかし、この「無印良品で揃える」というのは比較的、簡単にできる方法の1つかもしれません。

他にも毎日使うコーヒーカップを奮発して上質の陶器に替えたり、スーツを思い切ってオーダーメイドするとか、できるかもしれませんね。

何かの参考になれば幸いです。

 

kz8411.hatenablog.com