そこに至福がある

自由に、自分らしく、平穏に生きるためのブログ。

朝三暮四

中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに「朝に三つ、夕に四つやる」と言うと猿が「ウキィー!少ない」と怒りました。

それでは「朝に四つ、夕に三つやる」と言うと、たいそう喜んだそうな。

朝三暮四(チョウサンボシ)とは - コトバンクより要約)

 

結局は同じことなのに、目先の違いに気をとられて一喜一憂する猿を皮肉った言葉です。

否、実際は私たち人間のことを皮肉った言葉ですよね。

 

「長生きしたい」とあくせく努力したところで、人間の寿命などたかが知れています。

自説に固執して他人と論争したところで、何十億年という地球の歴史からすれば、どうでもいいことなのかもしれません。