そこに至福がある

自由に、自分らしく、平穏に生きるためのブログ。

そして、自分に問おう

最善の生き方は1回に1日ずつ生きること・・・(スヌーピーのサリーの名言より)

 「今日を人生最後の日のように(悔いのないように)生きること」なんて、何かの自己啓発でよく書いてある言葉。

そんな風になれたら、毎日が充実するし、悔いのないように勇気をもって行動できるかもしれない。好きなあの人に告白する、とかね。

でも、そんな思いになれるのは、いつもその言葉を聞いた瞬間だけ。その直後にはその勇気はどこかへ消えてしまう。

しかし、冒頭のスヌーピーの言葉は不思議と私に入ってきた。

 

ただ、今日を生きる。

ただ、今日を全力で生きる。

エネルギーをすべて使いきるまでやり尽くす(一晩、寝ればエネルギーは回復する。朝の目覚めが新しい人生の始まりだ)

 

たとえ嫌な仕事をしていたとしても、君にとってそれは残り少ない人生の最後の仕事になる。だから、全力で没頭してやり尽くそう。

もし、君が大好きな仕事をしているのなら、共に過ごした同僚たちと最後の仕事を楽しもう。もう狂うぐらいにテンションあげて。

そんなこんなで、人生も残り時間が少ないことに気づく。ずっと同じことの繰り返しだと思っていた1日が何だかいとおしくなってくる。

最後の仕事を終え、最後の晩餐を味わおう。きっと、全力を尽くした後の晩餐は格別なはずだ。

他にもまだまだ、今日できること(やりたい)はあるばずだ。

そして、自分に問おう。

「君は人生を味わったかね?」

「君は今日、全力で生きたかね?」

と。