そこに至福がある

自由に、自分らしく、平穏に生きるためのブログ。

カラテカ矢部さん

お笑い芸人、カラテカの矢部さんの漫画「大家さんと僕」が話題になりました。
私も以前、立ち読みでどんな作品か気になりチラッと読んだことがあります。ほっこりする話で、とてもやわらかい印象です。
その大家さんが、亡くなったそうです。矢部さんが発表されていました。

以前、私は新宿で働いていました。
昼休憩は、いつも外に出て散歩していました。
ある日、とある建物の門から一人で出てくる人が見えました。背が小さくて小柄。頭には帽子をかぶっている。その瞬間、目があったのですが、相手は目を下にして背けました。
「どこかで見たことがあるな・・・」顔はわかっても、名前は出て来ない。たしか、電波少年に出てなかったっけ?
しばらくして矢部さんだとわかりました。その建物は吉本興業の事務所か何かというのは知っていたので、人違いでないことも確かですし。

最近、矢部さんの漫画の話を耳にするたびに、私はあの日のことを思い出します。
もう8年近く前のことです。
今度、ゆっくり矢部さんの漫画を読んで見ようかな。今はなき大家さんをしのびながら。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大家さんと僕 [ 矢部 太郎 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/8/24時点)