そこに至福がある

自由に、自分らしく、平穏に生きるためのブログ。

良かれと思ってやった排水口掃除で、散々な目に

昨日、キッチンの排水口を掃除していた時のこと。
水切りカゴを取りだし、排水口を歯ブラシで一生懸命に掃除していたら手が滑り……歯ブラシが配管(ゴムホースの辺り)に落ちてしまいました。
その段階では、下の方に歯ブラシがうっすら見えました。そこで正しい対処をすれば、すぐに取れたのですが、何を血迷ったのかトングで取りだそうとして逆に下に押し込んでしまったり、水を流して水が流れるのは問題ないのを確認したり(水で流して証拠隠滅をしようと無意識にしたのかも)で、完全に歯ブラシが流されて見えなくなってしまいました。
さて、水は問題なく流れる。歯ブラシは視界から消えてなくなった。It's OK! No problem!
というわけにもいきませんよね。
後々、詰まりの原因になって大惨事に…なんてことにもなりかねません。諦めて大家さんに連絡しました。業者に頼むことになったら、いくらかかるのだろう…すごいブルーでした。

大家さんに状況を説明しますが、どうも見つからない。下に流れてしまった可能性があり、下水のマンホールを開けて見てくれました。しかし、そこに歯ブラシは有らず。もしかして、とんでもないところに引っかってしまったのかも(汗)
再度、シンク下を見てみてくれました。床の板をぶち抜いて、配管を覗きます。配管にメジャーを垂らして深さを測ると、深さ70cmの辺りでL字に曲がっている模様。そこで、空き缶拾いようのトングで祈りながら挟み持ち上げると「キター! (゚∀゚ 三 ゚∀゚)」、トングの中には歯ブラシがありました。
いやぁー、救われました。正直、2万から5万円は覚悟していましたから。実際、それ以上深いと階下の部屋の天井をぶち抜いて…と大家さんも話していましたから。
大家さん、ありがとう。

大家さんに帰る間際「あんた、今日は仕事は?
いつも家にいるんかい?」と聞かれました。私は少し動揺しながらも「水曜日から仕事です」と答えました。大家さんも「まあ、いろんな仕事があるよな」とそれ以上は触れてはきませんでした。まあ、家賃はしっかりと納めておりますので。

まとめ。
排水口のお掃除は気をつけよう!
指輪とか落としたら大変ですからね。
ちなみに私と同じように歯ブラシを落とした人はわりといるようです。まあ、普通は排水口の近くで引っかかるから、針金を使ってうまくからみ取れたりするのですが。