そこに至福がある

自由に、自分らしく、平穏に生きるためのブログ。

信念。信念。信念。

株式投資歴、約6年になります。
3年半が経った頃、トータル(投資来)の実現損益はかなりの損失額になってしまいました。他の投資家の方から見れば小さな額かもしれませんが、私の投資資金(感覚)からすれば大金でした。
損失のほとんどは、2016年初頭の暴落相場(ハイボラリティー)で自滅した時のもの。今、振り返ってみても相当血迷ったトレード(ギャンブル)をしていたものです。
その頃は思ったものです。
「果たして、この損失を取り戻せるのだろうか?」と。
仮に毎年、利益が出せるようになっても、トータルでトントンにもっていくまでに何年かかるのだろう? 仮にトータルで帳尻があったところで、やっとスタート地点に戻るだけではないか? 散々、エネルギーを注ぎ込んで上、何も得られない振り出し状態という徒労に終わる虚しさ…
もし、最初から低PBRの高配当株でも保有しておいたならば(放置プレイしてたら)…そんなことを考えたら、さらに自分に腹が立ち馬鹿馬鹿しく思えてきたものです。

それからは、また株主優待をささやかに楽しみながら、リカバリーに入っていました。今思えばリカバリーですね…ただ、それでも相場はずっと見ていましたね。
そうこうしてる間にまた気力も回復し、配当を狙いつつの集中投資などを試しながら、徐々にリターンがプラスになってきました。そして、昨年は相場にも助けられ集中投資で大きなリターンが出せました。
そして今日、気がつけばトータル(投資来)の実現損益が「-777円」まで減って来ていました。
いやあ、感慨深いです。
諦めないで本当に良かった。
諦めの悪い性格で本当に良かった(笑)
だが、その道のりは決して楽なものでもなかった。これは筆舌できない感覚で、山に独り籠る修行僧のような旅路と言えるかもしれません。

さて、相場は山あり谷ありです。
一度の致命的なミスが全ての努力を無に帰してしまいかねません。
ここからも、さらに慎重にかつ大胆に攻めて行きたいです。

最近、相場はボラティリィーが高まっています。
焦らず慎重に事に対処していきましょう。
しかしながら、相反する言葉を贈りましょう(雑誌で見た言葉です)

ギャンブルなくして未来はなし!