そこに至福がある

自由に、自分らしく、平穏に生きるためのブログ。

鈴木アキコさん

歯医者に行ってきました。歯石の除去をしてもらうため予約をしていたので。今日は月曜日の午前中というのもあり、めちゃくちゃ混んでいました。もう座る席もないくらいに。
しばらく待った後、「鈴木アキコさん、○○□□さん(私の名前)」と二人の名前が呼ばれました。私が席を立って治療室に入ろうとすると、二人の高齢女性も同じく治療室に入ろうとしていました。しかし、今、名前を呼ばれたのは「鈴木アキコさん」と「私」の二人だけです。つまり、その高齢女性のうち1人は偽物です。と言っては失礼ですが、まあ、自分の名前が呼ばれたのだと勘違いしたのでしょう。職員の方も二人の女性がそこに立っており、「えっ?」という感じでした。その女性二人もお互いに顔を見合せながら、困惑していました。ほんの二、三秒の出来事でした。
で、その理由がわかりました。二人とも「鈴木アキコ」さんだったのです!
同じ歯医者で、同じ予約時間に、同じ名前の人がいた…
なんという偶然でしょう。私も思わず「すごい、同じ名前なんですね!こんなことってあるんですね」と話しかけてしまいました。