そこに至福がある

自由に、自分らしく、平穏に生きるためのブログ。

リゾートバイトという居場所を作るのも良いね

GWのリゾートバイトも6日目が終了しました。いよいよ残り3日と終盤にさしかかってきました。
まだ終わっていないのですが、リゾートバイトに来て正解だったな…と日々、そう感じます。もし、リゾートバイトに来ていなかったら、精神的に苦しかったことでしょう。単調な日々には慣れているつもりですが、世間の皆が10連休では街に出ても安らげません。そして、ないとはわかっていますが、普段会わない人から何らかのお誘いがあったら面倒だな…という小さな恐れもありました。とくに10連休ですから、そういう懐かしい集まりは日本中で多かったのではないでしょうか。

リゾートバイトで良かったのは、なにより住環境が変わること。朝から晩まで違う生活環境になるのでリフレッシュになります。日中はやることがあるので、いろいと考えすぎることもなく、思考のループに入ることもありません。そしてなにより、身体を使う仕事がいいんです。運動不足で不健康な私には、最適でした。楽な仕事ではありませんが、いい具合に身体が疲れます。やりきった感があり、その後は勤務先の温泉で癒され、晩酌して心身を解放し、ぐっすり眠る。とにかく充実感がありますね。

極端なシゾイド人間である私にとっては、自分のこと誰も知らない街に住むのが、どうも快適なようです。今回、この街に来て改めて実感しました。

今後の仕事の仕方ですが、たまにこの地に来てサクッと仕事して帰るのが理想ですね。多動的に環境を変えながら、いろんな場所でいろんな仕事をするのが自分には合っているのかもしれません。今回、温泉地でサクッと入らせてもらえる仕事を見つけたので、それが大きな収穫でした。