そこに至福がある

自由に、自分らしく、平穏に生きるためのブログ。

捕らわれる

最後は死んで消え去るのに、人はなぜこんなに捕らわれ悩み苦しむのだろう。
悩むことが馬鹿馬鹿しいことだとは理解はできても、そんなこと言ったって相変わらず悩みは泡のように次から次に吹き出て尽きない。
いっそ(苦しまずに)死ぬことができるならば、すべての苦から解き放たれるのだろうが、全細胞、生命体が「生きろ」と言う。