そこに至福がある

自由に、自分らしく、平穏に生きるためのブログ。

群馬県の片品村に泊まる

群馬県片品村の民宿に来てます。なぜなら、明日は尾瀬に行くのだ!
尾瀬には小さい頃に来たことがある(らしい)。というのは、私には記憶は全くないのだが、親によると尾瀬に行ったことがあるそうで。だから、まるで行ったのに行ったことがないような感覚なのです。
尾瀬といえば、音楽の時間に歌ったあの曲が有名です。あと湿原、遊歩道のイメージ?まあ、いい。いよいよ明日は尾瀬デビューなのですから。
宿は民宿で素泊まりしてます。楽天株主優待割引(楽天トラベル)を使って、2,700円ほどで。日曜日の夜というのもあり、客はどうやら私だけの模様。
この前、白川郷の民宿に泊まった時もそうだが、宿の人の接客はあまり丁寧な感じはしない。まるで、知り合いの知り合いの家に泊まらせてもらったような感覚なんですが、そういう自然な感じが民宿らしくて良いのでしょうね。
風呂は宿の人にも勧められた近くの温泉に行きました。本当は民宿の風呂で済ます予定だったが、誘惑に負けました。食事をする場所も限られており、その温泉に行けばレストランもあるとのことで、行くことにしました(レストランには寄らず、コンビニで発泡酒とスナック菓子で済ませけど)。せっかく素泊まりの安い宿に泊まったのに…まだまだ甘いな自分。今回の反省点です。しかしながら、その温泉が最高に良かったのです。ぬるめの露天風呂が最高で、客もおらず空いており、大満足。私の家の近くにあったらいいのになあ。