そこに至福がある

自由に、自分らしく、平穏に生きるためのブログ。

この世にあまり未練はない、のかな。

昨日、とてつもない気分の落ち込みがありました。
なにか特別に凹む事件があったわけでもないのですが。
実際には、積み重なった悩み、もどかしさ、後悔といったネガティブな思考・感情が絡み合って、そのような落ち込みが来たのだと思います。

死んで消えてしまいたい…そんな気持ちに襲われます。
途中、イトーヨーカドーのベンチで座り、なんにも考えずに重い身体のまま身体からエネルギーが失われたよう状態になりました。
とにかくネガティブな空気に押し潰される。
ネガティブな思考がループする。
しかし、頭ではわかっている。こうやって絶望することも暇潰しの一環なのだと。
絶望することさえも、退屈から逃げるための方便みたいなものなのだ。

帰りの夜道を自転車を漕ぎながら思考が渦巻く。
「ああ、確実で苦しまないで安楽死する方法はないだろうか」とか。

ふと思う。「ああ、私はこの世に未練はないのだな」と。
悔いはたくさんあるかもしれないけど、執着はないのかもしれない。
ふと府に落ちた、「この世に未練はないのかも」という言葉。
そう思った瞬間、なんだろう、世界が急に美しく見えた。
木々が、緑が、虫の音が、風が、月の照らす明かりが。
そう思った瞬間、不思議と私の視線は空(上方)に向かい、今までとは違う世界を感じる。
あるがままの世界に近いのかもしれない。